フィナステリド男性型脱毛症の治療に効果を発揮する内服薬。自毛植毛は毛根を移植することで発毛させる植毛方法。どちらも気になる脱毛症に効果を発揮する毛髪の治療法です。自毛植毛は円形脱毛症にも有効です。
Q.ストレスは抜け毛の原因になる?発毛の原因になる? A.答えはコチラから

フィナステリド(製品名プロペシア)

Q.フィナステリドってどんな効果があるの?

A.フィナステリド(フィナステライド)は男性型脱毛症に効果が期待できる薬です。

男性型脱毛症とは、前頭部や頭頂部からはげていく男性ホルモン由来の脱毛症です。

フィナステリドは元々、前立腺肥大症の治療に使われていました。
 前立腺肥大症は、男性ホルモンである「テストステロン」の働きによって生まれる「ジヒドロ・テストステロン」という物質が、前立腺に作用することで起こります。フィナステリドはそのジヒドロ・テストステロンを抑制する働きがあるのです。

この「ジヒドロ・テストステロン」が、男性型脱毛症の原因になっていることがわかってきました。
つまり、フィナステリドを服用し、ジヒドロ・テストステロンの血中濃度を下げることで、男性型脱毛症を治療することができるのです。

ただし、フィナステリドが作用するのは男性ホルモンに由来するジヒドロ・テストステロンだけですので、別の型の脱毛症(例えば円形脱毛症)には効果がありません。
また、女性に対しても効果はありません。


詳しいお問い合わせは⇒Nido ニドー植毛相談所